いわゆる「リノベーシヨン物件」は、 立地の割に価格が手ごろでお買い得じゃないでしょうか?

A.内装は新築並みでも、資産価値は築年数に応じたものでしかありません。

 

リノベーション物件とは、中古マンションを不動産会社が買い取り、室内の内装や設備を全面的に新しくして売り出しているものです。見た目は新築マンションと変わらず、個性的な間取りなどにするケlスもあり、何より新築マンションに比べて割安なのが大きなメリットです。しかし、マンションの内装や設備はいくらでも後から変えることができるのですが、基礎や柱、梁といった構造部分は基本的に変わりません。現在の耐震基準である「新耐震」(昭和団年6月1日以降に適用)以前のマンションであれば、大地震の際に大きく損傷するリスクが否めません。むしろ、内装を全部やりかえることで構造部分が見えなくなってしまう点、か問題です。また築年数、か古いものは、排水管や建物の防水など、水回りのトラブルもよく聞きます。マンションの内装や設備は後からいくらでも変えられるということでは、私は新築マンションのモデルルームも見なくていいと言っているくらいです。それはモデルルームというのはしょせん、ハリボテだからです。モデルルームのコlディネ1トがどんなに素敵でも、その物件の市場価値とはまったく関係ありません。マンションの価値で重要なのは、自分では変えることのできない立地であり、環境であり、向き、さらに構造と耐周年数です。マンションの法定耐周年数は釘年で築加年なら残存耐周年数は幻年で、建物の価値はこの期間分しかありません。そういった点は購入後、個人の努力ではどうにもできませんし、だからこそ不動産の価値を左右するものと言えます。内装は自分で変えようと思えばいくらでも変えられるので、極論すればどうでもいい乙となのです。単なる厚化粧にすぎません。私はリノベlシヨン物件はお勧めしません。