コーポラティブハウスはどうでしょうか?

A.資産性を重視するならお勧めしません。

 

コーポラティブハウスとは、自宅の購入を検討している個人が集まって、自分たちで土地を購入し、各住戸の聞取りゃ設備をそれぞれが設計して建てるものです。通常の集合住宅と違って自由設計が可能であること、不動産会社の利益や広告宣伝費が不要な乙と、などがメリットとされます。しかし、私はコlポラティブハウスはお勧めしません。まず、中古での売却が難しいからです。通常のマンションは面積、間取り、設備など最大公約数的に商品企画されているので、中古で売却する際も買いたいと思う人がそれなりにいます。しかし、コlポラティブというのは、各住戸そこに住む人の希望やわがままを最大限に反映してつくるので、それを気に入る人を探すのが難しいのです。自動車でも下取りに出してちゃんと買い手がつくのは無難な白で、紫やオレンジなどあまり見かけない個性的なカラーだと、値引きをしなければなかなか売れません。それと同じです。たとえば、コーポラティブハウスでよくあるのが、室内に階段がある間取りです。階段は、どうしてもデッドスペースになり、床面積に対して有効に使える部分が減ります。デッドスペースの資産価値はゼロです。そもそも住宅というのは、住む人の個性やライフスタイルが反映されていればいるほど売りにくくなると思ったほう、かいいです。将来的に大規模修繕などのコまた、コlポラティブは小規模なマンションが多く、ストが割高になる点も不安です。さらに、コlポラティブハウスは不動産会社の利益などが不要なので割安に新築マンションが手に入るという言い方をします。しかし、実際はコlポラティブの参加者を集めるために広告を打たないといけませんし、建物の設計段階でかなり時間がかかったりして金利負担も大きくなります。結局、みなさんが考えるほど安くはないのです。それに、コlポラティブハウスの土地というのは、戸建てには広すぎ、かといって
不動産会社がマンションを建てるには狭いというある意味、中途半端な広さで誰も買わないようなものが多くみられます。そのため、立地環境もさほど優れているというわけではありません。ただし、そのマンションにずっと永住するつもりで、いろいろこだわった自分仕様の設計にしたいというととであれば、コーポラティブハウスも選択としてはあると思います。将来、売ることを考えない、つまり出口はいらないという前提であればアリだと思います。