マンションの管理が資産価値に与える影響は どれくらいでしょうか?

A.管理状態の良し悪しは築年数が経つにつれて資産価値に影響を与えます。しかし管理会社がどこかということは売主や施工会社ほど重要ではありません。

 

マンションでは各住戸の室内以外の建物や設備、植栽などは、管理組合として管理を行います。こうした管理をきちんと行っているかどうかで、見た目の印象はもちろん、建物や設備の耐久性や安全性、あるいは修繕積立金など資金面の負担にも次第に差がでできます。そういう意味では、管理がマンションの資産価値に影響を与えることは間違いありません。ただ、新築時には立地などをチェックするほうがはるかに重要です。また、管理業務の多くは管理会社に委託されるととが多く、どの管理会社が担当しているかを気にする人がいます。しかし、管理会社については変更も可能で、中古で売り出す際、売主や施工会社に比べると重要性はそれほどでもありません。管理業務の委託費が高いと思われる場合には、他から見積もりを取ったりして見直しの交渉をするということもよく行われています。こちらもあまり気にする必要はないでしょう。なお、当社ではマンション居住者に対して管理会社の評価をたずねるアンケート調査を定期的に行っており、大手不動産会社系列の管理会社が上位にランクされる結果となっています。それは単に大手だからということではなく、ゴミ置き場とか共用廊下とか駐輪場とか、表からは目につきにくいものの住民が毎日使うスペースをきれいにしているからのようです。管理会社の最近の傾向として、以前より踏み込んだサービスを行うようになってきています。以前は共有部分だけを対象としていましたが、専有部分についてもこまごました依頼に対応したり、設備のメンテナンスやさらにはリフォームなどにも積極的に取り組むようになってきています。そういう点は確認しておくといいでしょう。家 査定をするなら今すぐコチラ。