価格の高いマンションのほうがいいということなら 億ションが狙い目でしょうか?

A.一億シヨンは都心以外、値崩れするリスクが高くなります。

新築のときにはいろいろなエリアで億ションが出てきますが、中古で億ションが取引されるのは東京では港区、渋谷区、千代田区と中央区の一部に限られます。それ以外のエリアではl億円以下に値下がりするとみて間違いないでしょう。億ションが買える資金力のある人は基本的にどんな物件でも買えます。わざわざ中古の億ションを選ぶなら、何らかの魅力が必要であり、特に立地(住所)が大事になります。たとえば、お台場に「台場タワlズ」というタワlマンションがあります。お台場では乙のマンションとフジテレビのところだけが港区です。お台場で港区の住所のタワlマンションは「台場タワーズ」しかなく、中古市場でも取引価格は底堅く推移しています。一方、近隣で2億円近い新築分譲価格のマンションが売り出されましたが、新築未入居の状態でありながらその後、半額で売り出されている事例があります。また、ほかのエリアでいえば、品川の港南口は住所としては港区なので人気があるのですが、そこからすぐ隣の品川区になったり、もう少し離れた大田区になるとやはり相場に影響があります。こういった中古マンションの価格を見るだけで、お区内でも、区によってブランドが形成されていることがわかります。「億ション」はごく限られた立地に限定されます。都心での売却しやすさの目安は8000万円までと考えてください。