マンションを買うには、南向きの部屋がやはりお勧めでしょうか?

A.一立地によって変わってきます。

 

住戸の向きについていうと、日本人は南向きが好きですが、都心部ではそれほど北向きはネガティブな要素にはなりません。中古で売り出す際、北向きでも前方の視界が広がっていて夜景がきれだったりすれば、購入希望者に気に入ってもらえるケースは多いのです。そもそも、建物は敷地の南側に迫って建っていく一方、北向きは建築基準法による斜線制限もあって、眺望が開ける(「前がはける」)ケースがままあります。たとえば、
東京タワーが北の方向に見える芝公園、赤羽橋、東麻布などのタワーマンションなら北向きの住戸の魅力は高いといえます。また、タワーマンションなどで北向きの割安な住戸をあえて購入するという選択もあります。実際のデータから見て、北向きマンションが値上がりしやすい場所は中央区・港区・江東区。中には加%以上もあがった例は多数あります。なぜこんな乙とが起こるかというと、新築時、タワーマンションでは必ず南向きと北向きができ、価格差が出ます。いくら眺望がよくても北向きを南向きと同じような価格設定で売るノウハウやスキルのある売主は限られるので、北向きの住戸は割安になりやすいのです。また、タワーマンションは専有面積の割に間口が広く、北向きであっても日中の室内は比較的明るいといえます。西日が嫌いな人やDINKSなど帰宅が遅くなりがちな人はあまり北向きを気にしないケlスがあります。ただし、立地は限られるので注意が必要です。東京都心部でもエリアによってはやはり南向きでないと値下がりリスクが高いところは少なくありません。